鐔の歴史と種類 - 寿楽堂株式会社

京金工目貫

商品番号
FK-10283
タイトル
[ 藻貝図 ] 京金工目貫
時代
江戸時代 (1603 - 1868)
無銘
縦 x 横 x 厚み
15 x 43 mm, 6 g
15 x 42 mm, 6 g
材質
赤銅地
木箱
あり
鑑定書
日本美術刀剣保存協会・保存刀装具鑑定書 (平成18年12月15日発行)
詳細

日本美術刀剣保存協会の鑑定により、京金工の作と極められている赤銅地金色絵目貫。
本作は、赤銅地に容彫、金色絵で藻貝を表現している。
2つの目貫の足はそれぞれ円筒形で凹凸の対になっており、このようなものを特に陰陽根といい、珍しいものである。

価格
売約済
[ 藻貝図 ] 京金工作。日刀保・保存刀装具鑑定書付き。
藻貝図
陰陽根の足
陰陽根の足
赤銅地金色絵
赤銅地金色絵 容彫
木箱入り
日本美術刀剣保存協会・保存刀装具鑑定書
特徴
容彫り 目貫の形は容彫。
色絵 貝が金色絵で表現されている。
陰陽根 足がそれぞれ円筒形で凹と凸になっており、このような対になった形状の足のものを陰陽根と呼ぶ。

↑ PAGE TOP

Copyright© 2005-2018 Jyuluck-Do Corporation. All Rights Reserved.