鐔の歴史と種類 - 寿楽堂株式会社

尾張透し鐔

商品番号
TU-10978
タイトル
[ 向柏葉透鍔 ] 尾張透かし
時代
江戸時代 (1603 - 1868)
無銘
縦 x 横 x 厚み
7.5 x 7.5 x 0.5 cm
中心穴(茎穴)
2.8 x 0.8 cm
重量
110 g
材質
鉄地
木箱
あり
鑑定書
日本美術刀剣保存協会・特別貴重認定書 (昭和47年11月18日発行)
詳細

日刀保発行の特別貴重認定書付きの尾張透し鍔。
無銘の鉄地丸形 肉彫 地透にて、柏の葉が表現されている。
かすかに錆は見受けられるが、非常に鍛えられているので、とても良い鉄色をしている。
両櫃穴は赤銅板で埋められている。

価格
USドル 999
[ 尾張透し鍔 ] 向柏葉透鐔 日刀保鑑定書付き
柏葉図
向柏葉透かし鐔
鉄地はよく鍛錬されている
鉄板はよく鍛錬されている
尾張透し鍔
木箱付き
日本美術刀剣保存協会・特別貴重鑑定書
特徴
鉄地 地金は鉄地で、よく鍛錬されている。
丸形 形は丸形。
肉彫り 肉彫りで柏の葉が表現されている。
透かし この鍔は透かし鍔である。
Copyright© 2005-2018 Jyuluck-Do Corporation. All Rights Reserved.