鐔の歴史と種類 - 寿楽堂株式会社

金家

金家鐔

金家は、日本の鍔工の中でも信家と並び、第一級の名人である。
それまでの鍔のデザインは図案的・文様的なものであったが、金家は初めて写生的な図柄を取り入れ、絵風を創始した。
金家の後期の作品には、狩野派あるいは海北友松・長谷川等伯などの画法を取り入れた作風のものが多い。
「城州伏見住金家」「山城国伏見住金家」などと銘する。
青木氏。
武士の出身であると言われている。

↑ PAGE TOP